英語 × 外資の働き方 = 年収200万円UP

英語が習得できるまで1000時間かかる理由【実際にかかった時間も公開】

アイキャッチ画像
  • URLをコピーしました!

英語って習得までどのくらいで時間かかるんだろう??

やったことがないからこそ、どのくらいで習得できるのか気になりますよね。。

記事の信頼性
  • 24歳で英語学習を独学で始める
  • 壁にぶつかったり悩んだり、でも辞めずに10年学習
  • 今ではネイティブと対等に仕事ができるくらいペラペラに

結論から言うと英語は習得できるまで1000時間以上かかると言われています。

何で1000時間?と思うでしょうが理論的根拠があります。

それはアメリカ国防省がアメリカ人が日本語を習得するのに2200時間かかると試算し、その反対に日本人が英語を習得するには1000時間かかると計算したからです。

カイカイ

この記事では1000時間かかる理論的根拠と実際僕がどの程度費やしたか紹介したいと思います。

また1000時間に到達するためのおすすめ学習法もシェアします。

クリックして読める目次

英語の習得が1000時間かかる理由

1000時間という数字はアメリカ国防省の情報が元になっています。

  • アメリカ国防省が、アメリカ人が日本語を習得するのに2300時間必要と調査で確認
  • その逆で日本人が英語を習得するのに2300時間必要と上智大学の教授が提唱
  • 日本人は義務教育で1300時間ほど学習するため、差し引き1000時間が英語習得に必要な時間

しかしベースとなっている2300時間は、効率よく最短でたどり着ける計算だそうです。

英語の勉強法は手探りでやるのが普通、そのため効率よく学習するというは中々難しいです。

カイカイ

僕が実際習得までどのくらい時間がかかったかご紹介します。

筆者の体験談 – 英語の習得で本当に1000時間かかったのか?

僕は英語の習得に10年かかっています。

机上の学習は最初の4年程度、あとは業務上で使いながら実践でリスニング力やスピーキング力を磨きました。

計算はラフですが、大体このくらいですね。

最初の4年間

プライベート学習:4年 × 1年52週 × 週4日 × 1日30分 = 416時間
▶︎ 月〜木で毎回30分勉強していました。

仕事:4年 x 1年52週 × 週1日 x 1日1.5時間 = 312時間
▶︎ 英語が下手だったので週一程度しか仕事で使っていませんでした。

その後の6年間

仕事:6年 × 1年52週 × 週3日 x 1日1時間 = 936時間
▶︎ 英語力が向上し英語メインの仕事に就いたので、時間が増えました。

❶と❷合計で1664時間
カイカイ

結果として1000時間は超えているので、1000時間で習得するのは難しいかもしれません。

これを聞くとげんなりされるかもしれませんが、

10年という長い間勉強したのではなく、ほとんど仕事で使って覚えたのであまり苦がなく到達できました!

プライベートでも外国人の友人を作ったり、楽しみながら英語を習得しました。

大事なことは楽しんで長い時間継続することです!自分なりの楽しい学習方法を見つけましょう!

▼こちらの記事で、英語学習の継続方法を詳しく解説しています。

≫ 英語学習を継続させる3つのコツ

おすすめ学習法❶ 仕事で積極的に英語を使う

前述のとおり、僕はかなりの時間仕事で英語を使っています。

カイカイ

残業を抜けば1日8時間会社に拘束されています。1日の1/3です。その時間の一部で英語学習ができたら時短になっていいですよね!

このように何かしているついでに英語ができる、という環境があると最適です。

もう一つのメリットは、生のビジネス英語が学べる、という点です。

このブログを見ているあなたは、きっと仕事で英語を使いたいと思っているはず。

英語は色々な教材で学べますが、仕事で使う英語は実践で体験して覚える方が100倍効率がいいです。

世の中にはたくさんの参考書や学習法があります。でもそれら全てが仕事で使うかというとそうではないです。
仕事で英語に触れていれば、それは仕事で使う英語なので触れた英語全てが仕事で使えます

僕は特に電話で英語を使います。

▼電話で英語を使うコツを、こちらの記事で詳しく解説しています。

英語で電話をするときのコツ3選

おすすめ学習法❷ オンライン英会話

日々英語が使える環境がなければ、オンライン英会話がおすすめです。

費用は安いのに毎日話せる、現代だからこそできるコスパのよい英会話学習ですね!

カイカイ

僕も昔オンライン英会話をしていました。安いのに毎日できて高コスパでよかったです!

PCがあればいつでも英会話できるので手軽でいいのも特徴です

実際にオンライン英会話をしている同僚の体験談

僕の会社では、英語が話せなく英語アレルギーがある方が多いです。

この状況を打破しようと数年前から会社でオンライン英会話を推奨しています。

実際に受けている同僚にインタビューしてみました。

インタビューした人の情報
  • 理系エンジニア職
  • 毎日25分を毎日3ヶ月
  • 一回3ヶ月コースを3回、合わせて9ヶ月受けた

始める前はかなり英語アレルギーがあり、英語と言葉を聞くだけでもビクビクしていたそうですが、

英語アレルギーがなくなり、会議に出ても話している内容が分かるようになったそうです!

これってすごい進歩ですよね?

カイカイ

やはり話すことが英語力向上に一番効果があります

まだまだ話すのは抵抗があるそうですが、このまま頑張れば人生変わるだろうな、というイメージもついてきたそうです。

1年前は英語にとても抵抗があったのに、PCで毎日話しているだけで英語に前向きになれるんですよ。

オンライン英会話は手軽で安いので初心者にはおすすめです!

▼こちらの記事で、仕事で役に立つオンライン英会話を3選紹介しています。

あわせて読みたい
外資で役立つおすすめオンライン英会話3選!【外資歴15年が徹底解説!】 外資で英語が必要になる場面は突然やってきます。 「今まで話した事ない英語を突然話せと言われても…」と嘆いている方いませんか?? そういった方をたくさん見てきまし...

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました!最後にまとめです!

まとめ

英語習得に1000時間かかる理由

  • アメリカ人が日本語を習得するのに2300時間かかる
  • そのため日本人も英語を習得するのに2300時間かかる
  • 義務教育で1300時間ほど勉強したので、残りの1000時間が必要

筆者の体験談

  • 1600時間ほど費やした
  • 1000時間で習得は難しいが、コツコツ楽しみながら勉強したので苦ではなかった

おすすめの学習法

  • 仕事・プライベートもしくはオンライン英会話

記事を読んでいただいた通り、英語の習得は時間がかかります。

こんなに何にでも活用できて損しないスキル中々ないので、そりゃ時間かかりますよね。

ただ継続していれば誰でも必ず話せるようになります。頭の良さも学歴も関係ありません。

この記事が皆さんの英語学習の支えになれば幸いです。

★最後までお付き合い頂きありがとうございました★

前の記事

あわせて読みたい
【外資歴15年が解説!】最短で英語を習得!外資転職のための英語学習ロードマップ 外資って給与高そうだし働きやすそうで憧れるなー! 外資って日系と違ってホワイト企業なイメージありますよね。 僕は3社の外資系で働き、計15年経ちましたが、日系に比...

次の記事

あわせて読みたい
【徹底解説】外資で使う英語は中学の文法と単語で十分!理由と抑えるべき点とは? 外資に転職するためには、英語が必須! でも英語学習を始るのに、何から手をつけたらよいか分からない…。 そんな迷いを感じていませんか? 英語は文法・単語・リスニン...

ジョブエイゴのトップへ戻る

アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックして読める目次
閉じる