英語 × 外資の働き方 = 年収200万円UP

プロフィール

自己紹介

初めまして、カイカイと申します!

外資計3社を渡り歩き、英語で仕事をしている人です。

24歳で英語学習をスタートし、10年掛けて独学で身につけました。

今では世界中の人と仕事をしており、英語で結果を出しています。

会社では成績優秀者として世界の従業員の4万人から選ばれました。

輝かしい経歴に見えるけど…

輝かしい経歴!みたいに書きましたが、達成するまでに苦難な道の連続でした。

1社目は英語勉強中だったため、英語で数々の失敗をしました。

特に外国人の偉い人に、英語で「早く承認してください」と何度もあおりすぎて、「あなたの依頼は2度と受けない」と英語で怒られました…。

そんな失敗を積み重ね、英語を習得。1社目でようやく結果を出せた、といい気になり2社目の転職。

しかし入社前と入社後の業務のギャップから、全く仕事ができず4ヶ月でクビになるという…。

その後、半年の無職期間を経て、ようやく3社目に入社。

3社目では「The 外資」という環境で誰も仕事を教えてくれることなく、実戦スタート。

手探りで覚えてく毎日で疲弊しながら仕事していました。

コツコツと積み重ね、関係者・上司からの信頼を獲得しようやく世界の成績優秀者に。

ここまで15年かかりました。

▼詳しくはこちらの記事で語っていますので、興味あればご覧ください。

あわせて読みたい
【外資】転職して試用期間でクビ筆者の実話|その後の成功体験も解説 僕は初めての転職で、試用期間4ヶ月にしてクビになりました。 そう、転職にはリスクが付きものです。 約25%は失敗すると聞いたことがあります 特に外資となると、日系企...

経歴

2007年 某大学機械工学科卒

2007年
▶︎ 大学卒業し1社目の外資入社、同期の半分は英語が話せる中、全く英語ができず出世出遅れ組となる
▶︎ 洋楽を歌うのが好きで、洋楽を完コピしてカラオケで歌う趣味あり

2009年
▶︎ 英語ができる同期の勧めで英語学習を開始
▶︎ 毎日、仕事の休憩中に5分英会話をするという「5分間英会話」を同期とスタート、2年継続する

2010年
▶︎ 英語が多少できるようになり、英語をよく使う部署に異動
▶︎ 英語力を上げるために、TOEIC・英会話・シャドーイングを勉強しレベルアップ

2013年
▶︎ 大体の仕事の場面で英語が使えるようになる、少しずつ結果が伴い仕事も評価される

2014年
▶︎ 転職を決意し2社目の外資へ転職、しかし新たな職種で残念ながら結果を出せず4ヶ月でクビになる

2015年
▶︎ 2014年から半年間無職になる、暇だったのでTOEICに更に磨きをかけ、オンライン英会話でスピーキング力を磨く
 (無駄に簿記3級も取る)
▶︎ 3社目の外資に転職、英語のスキルを期待され入社
▶︎ 周囲に英語が話せる人が少なく、英語でどんどん結果を出す

2021年
▶︎ 入社から6年、これまでの努力が買われ大手顧客のプロジェクトを任される
▶︎ このプロジェクトの成功で毎月1億円以上の売り上げを1年以上継続
▶︎ 成績優秀者として社長賞受賞、世界の従業員4万人から選ばれる

この通り、はじめは全く英語が話せず、趣味程度にカラオケから始めた英語でした。

そもそも英語を話せるようになるなんて当時は想像もしてなく、
高い英語レベルを習得できるなんて期待もしてませんでしたが、
学習を継続していたら結果としてペラペラになっていました。

振り返ってみるとこの継続が英語習得に一番効果があったと思います。

理系で英語に馴染みがなかった僕も継続で習得した事実を踏まえると、誰でも継続すれば英語は習得できます!

TOEIC

  • 2007年:340点
  • 2009年:400点
  • 2014年:650点
  • 2017年:755点

以降、コロナで受験できていない。

趣味

  • 合気道(2段、国際大会出場経験あり)
  • ゲーム(フォートナイト)
  • 音楽