外資転職の 不安と疑問を 解消するブログ

【実録】JACリクルートメントの口コミを調査!筆者もJACで転職!

アイキャッチ画像

JACリクルートメントはハイクラス・ミドルクラスを売りにする転職エージェントです。

当ブログで掲げている外資転職でも、JACリクルートメントはおすすめ。

なぜなら、ハイクラス・ミドルクラスの求人は外資系に多いからです。実際に筆者である僕もJACリクルートメントを活用して、外資転職を成功させています。

しかし、こんな悩みを抱えていませんか?

  • JACで本当に転職できるの?
  • 他の転職エージェントと何が違うの?
  • ハイクラス・ミドルクラスって敷居高そう

初めて使う転職エージェントって不安ですよね。特に、JACリクルートメントはまだ認知度が高くないので、周囲に体験談を聞ける人も少ないでしょう。

記事を書いている筆者
  • 初めての転職は3ヶ月でクビ、その後すぐ転職活動再開
  • 全然面接が決まらず、藁にもすがる思いでJACリクルートメントに登録
  • 好条件の求人を紹介してもらい、すんなり面接にこぎつけ即内定
  • 入社後のギャップも少なく、どんどん結果を出す
  • 現在も在籍しており、2021年の成績優秀者として社長賞受賞

僕はJACリクルートメントのおかげで無職から解放され、現在も働いています。

本記事では、僕の体験談や独自の口コミ調査をもとに、あなたの疑問に答えたいと思います。また「JACリクルートメントは案件がこない」といった評判についても、独自調査で分かった事実から理由を解説します。

\ サービスは全て無料 /

クリックして読める目次

JACリクルートメントってどんなエージェント?

疑問
疑問

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラス転職に特化した転職エージェントです。発祥はイギリス・ロンドンで、現在はヨーロッパとアジアに拠点があり、外資系企業に強いことが伺えます。

エージェントは800人在籍しており、業界に特化したスペシャリストであることが強みです。実際に登録すると、1人の担当が求人を紹介するのではなく、求人ごとに業界に詳しいエージェントからそれぞれ連絡がきます。

そのため、詳しい業界の情報や、きめ細やかな面接対策が可能です。

また、2万5千社と取引しており、あらゆる業界・職種の求人を揃えています。公開求人 40%、非公開求人 60%で、JACでしか出会えない求人も多数存在しますよ。

なおJACリクルートメントは、毎年6万人以上の転職希望者から登録されていて、ハイクラス・ミドルクラス転職の顧客満足度は、4年連続で1位を獲得しています。

こちらが取り扱い求人の業種や職種の一覧です。幅広い業界・職種を取り揃えているのも強みです。

取り扱い求人の業種や職種
  • 電気・機械・化学
  • 銀行・証券・保険・コンサルティングファーム
  • 消費財・アパレル・ラグジュアリー
  • 管理部門
  • 医療・バイオ・医療サービス・医療機器
  • IT・通信
  • サービス・商社・流通
  • 営業・マーケティング
  • エグゼクティブ層

特にJACリクルートメントで転職した方は、エンジニアや営業が多いことが下記のグラフから見て分かります。専門性の高い職種の案件が多いことが伺えますね。

転職決定社の決定職種

拠点も全国各地に存在します。JACリクルートメントでは最初の1回目の面談で拠点に行きますが、拠点一覧を表にしたので参考にしてください。

拠点住所最寄駅
東京本社〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-105
神保町三井ビルディング14階
神保町駅
徒歩2分
北関東支社〒330-8669
埼玉県さいたま市大宮区桜木町一丁目7番地5
ソニックシティビル20階
大宮駅
徒歩3分
横浜支店〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-19-12
スカイビル18階
横浜駅
徒歩5分
名古屋支店〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅四丁目8番18号
名古屋三井ビルディング北館15階
名古屋駅
徒歩4分
静岡支店〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町11番地30
エクセルワード静岡ビル4階
静岡駅
徒歩3分
大阪支店〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト
オフィスタワー12階
梅田駅
徒歩1分
京都支店〒600-8411
京都府京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地
COCON烏丸4階
四条駅
直結
神戸支店〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10
井門三宮ビル10階
三宮・花時計前駅
直結
中国支店〒732-0053
広島県広島市東区若草町12番1号
アクティブインターシティ広島8階
広島駅
徒歩4分
福岡支店〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1
JRJP博多ビル3階
博多駅
直結
JACリクルートメントの拠点一覧

JACリクルートメントのメリットと口コミ

口コミ
口コミ

JACリクルートメントの大まかな特徴は理解できたでしょう。でも実際どうなの?と疑問に思うあなたのため、JACのメリットをネットの口コミで調査しました。

メリット

これらがネットの口コミから分かった、JACリクルートメントのメリットです。

  • 業界の知識が豊富
  • 親身で質の高いサポート

やはりJACリクルートメントが売りにしている「業界の知識が豊富な担当エージェント」が、転職希望者にメリットと感じられているのが分ります。詳細を口コミから解説します。

ネットの口コミ

他社のような転職希望者1人に1人の担当者が付くのではなく、案件毎に担当者が異なり、複数の担当者とやり取りを行います。

多くの担当者と接してはないですが、内定を決めた企業の担当者はとても対応が良く、サポートもしっかりしていました。もちろん応募した他の案件の担当者、相談をした担当者も不満を感じた方はいませんでした。

細かい点もしっかりフォローして頂けたので、最後まで安心して選考に挑むことが出来ました。

もし次回転職するときも、再度利用したいと思いますし、周りにも薦めたいです。

私の転職希望地域では、培ってきたキャリアを続けられる職種がほとんどなく、転職活動が困難でした。

JACリクルートメントの担当の方は、とても親身になってくださり、私の続けてきたキャリアだけでなく、経験から可能性のある職種を紹介してくれました。驚いたことに、別のエージェントの方ともJACの担当者のことをご存知で、「その方だったらこの辺りの企業から厚い信頼を受けているから、大丈夫ですよ」と言われたくらいです。

密な連絡もしてくださり、安心して転職活動を行えました。もし次があれば、ぜひまたお願いしたいです。

コンサルタントが元外資系で働いていたこともあって、外資の内情に詳しかったです。話がすぐ通じたのでストレスなく話を進められました。

特徴に記載した通り、担当エージェントの業界の深い知識、手厚いサポートが利用者にも高評価なことが分かります。

▼JACならエージェントの質が高く安心した転職活動が可能です。
気になったらこちらから登録をおすすめします。

\ 業界を知り尽くしたエージェント /

JACリクルートメントのデメリットと口コミ

デメリット
デメリット

ネットの口コミから分かった、JACリクルートメントのデメリットを紹介します。

デメリット

  • 各担当ごと、希望を伝えるのが億劫
  • 求人の数が少なく、希望とマッチしない

業界によって担当が変わるため希望を伝え直すのが億劫、また求人の少なさに対してのデメリットが多く見られました。

詳細について、実際のネット口コミから見ていきましょう。

口コミ

他社では一度担当者に背景等を説明すれば済みます。
最初の面談で話した内容はJAC社内でシェアされていますが、担当者毎にその都度説明することにもなります。
そのため人によっては少々面倒に感じるかもしれません。

あんまり求人が多くなく、マッチしているものが来るわけでもない。

求人数が思ったより少なく感じたのは期待しすぎたせいでしょうか。少しがっかりでした。

案件がこないって本当?

案件こない?
案件こない?

デメリットで挙げた、求人が少ない・来ないという点について、気になりますよね。僕も過去JACリクルートメントを利用しましたが、求人が来ないことはありませんでした。

しかし口コミがあるので事実かもしれない、そう思い独自に調査したので共有させてください。

クラウドワークスのアンケート調査

実際にクラウドワークスを利用して、JACリクルートメントのアンケートを取りました。やはり求人が少ないというアンケート結果が分かったので、紹介します。

キャリアをしっかり持っていないと、求人を紹介してもらえない印象を受けた。

希望した求人を紹介してもらえなかった。

JACリクルートメントを使用した方が少なかったのか、アンケートの回答人数が少なく、2件だけの共有です。しかし求人を紹介してもらえそうにない印象があったことが分かりました。

筆者の友人に調査

最近、僕の友人が転職を考えていて、JACリクルートメントを紹介しました。長く勤めた運送業の会社から転職を検討しているそうです。彼の経歴は運送業の現場仕事で、配達の仕事を20年近く担当しています。

しかし、残念ながら1件しか求人が来なかったそうです。紹介できる求人がないと言われたそうですが、理由は今のキャリアから紹介可能な求人が市場になかったんだと推測します。

調査結果から求人が来ない理由を考察

JACリクルートメントはハイクラス・ミドルクラスに特化していて、専門性の高い職種に強いエージェントです。そのため紹介した円グラフの通り、多く転職を決めた職種は、営業・エンジニア・マーケティングなど、専門性の高い職種が多いことが分ります。

このようなJACの特徴から、現場仕事のキャリアや専門性の低いキャリアの方は、紹介できる求人が見つかりにくいと想定されます。

なので、ネットの口コミを見て、JACは求人が少ないと判断するのは早計です。重要なのは、自分のキャリアがJACの特徴にマッチしているかであり、JACに登録しな限り判断つきません。

そのため少しでも興味があれば、JACリクルートメントへ登録をおすすめします。登録や面談など、全てのサービスが無料なので、損することはありません。

筆者のJACリクルートメント成功体験

成功した人
成功した人

JACリクルートメントで求人がないという点を解説しましたが、筆者は今から7年前にJACリクルートメントを活用し外資転職を成功させています。

なぜ転職が成功できたか、当時の体験を振り返り解説したいと思います。

JACリクルートメント利用を決意した経緯

最初にJACリクルートメントを利用したきっかけを説明します。

僕は、初めての転職で失敗し3ヶ月でクビになりました。クビになった理由は別の記事で紹介しているので、興味あればご覧ください。

≫ 筆者が最初の外資転職で3ヶ月でクビになった訳

無職で収入がないのは辛いので、すぐに転職活動を始めました。無職なので時間は腐るほどり、7社の転職エージェントに登録。しかし、当時は経済が後退気味だったことで転職市場が縮小していて、良い求人が全く見つかりませんでした。

求人がを見つけて応募しても書類選考で落ちてしまい、面接の機会もなくただ時間が過ぎていく日々。このままではマズイと思い、ネットで他のエージェントを探すことにしました。そこで出会ったのがJACリクルートメントです。

JACの特徴である、各業界ごとに担当エージェントが異なり、業界の見識が深いという点に惹かれ登録しました。

実際に利用してみて

登録後にメールでやり取りをして、さっそく東京本社に面談をしに行くことになりました。

最初にJACリクルートメントの特徴を説明され、その後自分の希望を伝えることに。「英語が使えるプロジェクトマネージャーで外資系が希望」と伝えたところ、何件か求人を紹介してもらえました。

求人があった理由は、恐らく「英語 × プロジェクトマネージャー」という点が、JACが掲げているハイクラス・ミドルクラスの求人にマッチしたんだと思います。

求人の中に応募したい求人があり、さっそく求人の担当エージェントと別に面談することになりました。カフェで面談することになり、わざわざ僕が住んでいる近くまで来てくれて、とても楽でした。

面談すると、本当に業界に詳しく、かつ採用担当ともコネがあるようで、人事情報や動向を把握されていました。その姿勢に、プロフェッショナルさをとても感じたのを今でも覚えています。かなり安心感があり、前向きに面接に臨めました。

面接・内定

担当エージェントの方にほぼ段取りをお任せしたのですが、すんなり面接日程が決まりました。面接直前にも面談を設定してくれ、面接前対策や事前情報をかなり詳しく共有してくれました。

おかげさまで、面接は何も問題なく終了。面接の評判が良かったようで、本来は2次・最終と面接が続く予定でしたが、1次面接だけで内定を獲得できました。

これだけすんなり内定に漕ぎ着けたのは、直前の面談で情報が知れたことだと思います。たくさんのエージェントを利用しましたが、これだけ親身にサポートしてくれたエージェントはありません。

もちろん頂いた内定を即受諾し、半年の無職生活に終わりを告げました。JACリクルートメントを利用していなかったらどうなっていたか、今考えるだけでも恐ろしいですし、JACにはとても感謝しています。

入社後のフォロー

晴れて入社が叶いましたが、入社して3週間経ったころ、JACリクルートメントの担当者から連絡があり、「入社して何か問題がないかヒアリングしたい」と面談の申し出がありました。

おかげさまで会社に問題はなかったため、特に報告することはありませんでした。何かあれば連絡もらえれば対応する、と言っていただき入社後のサポートも手厚つい印象です。実際にJACのHPでも入社後のフォローにも力を入れていると説明があり、HP通りの対応に信頼性を感じました。

実際、入社後どうなのか?

2社目でクビになったのが嘘のように、順調に出世街道を歩んでいます。2021年には、成績優秀者として社長賞を受賞しました。こんな大きな賞は生まれて初めてで、本当に光栄なことです。

また、入社して7年経ちましたが、今まで働いた中で一番長い勤続年数の会社となりました。JACに登録していなかったら、出会っていなかったかもしれないと思うと、JACリクルートメントには感謝でいっぱいです。

なぜJACリクルートメントで外資転職を成功できたか考察

なぜJACリクルートメントで外資転職を成功できたか、一番は自分の築いたキャリアをベースに真剣に求人を提供してくれるからだと思います。そのため、入社後のミスマッチが少ない印象です。

また繰り返しですが、各担当エージェントが各業界の情報をかなり深く把握していることも、ミスマッチが少ない理由だと考えます。これだけ専門的な担当者は、なかなか他のエージェントではないサービスだと思いました。

逆に、築いたキャリアがJACの取り扱い求人にマッチしないと、求人を紹介できないと想定します。これもすべて、転職希望者の将来に真剣に向き合っているからこそだと感じました。

▼JACならあなたの適正に合わせた求人が来ます。登録はこちらから。

\ 業界ごとに深い知見を持つ担当者が選任 /

JACリクルートメントがおすすめな人

JACが向いている人たち
JACが向いている人たち

ここまでJACリクルートメントの特徴や口コミを紹介しました。実際にどんな人がJACを使った転職に向いているか解説します。

まずは結論から。

JACリクルートメントがおすすめな人
  • 外資系へ転職したい人
  • ハイクラス・ミドルクラスを目指したい人
  • 秀でたスキルを持っているスペシャリスト

外資系へ転職したい人

外資系に転職したい方は、JACリクルートメントをおすすめします。理由は、JACがハイクラス・ミドルクラスの転職に特化していて、外資系にそういった求人が多いからです。

外資系にハイクラス・ミドルクラスの求人が多い理由は、外資系は業務の結果を最優先に考えるからです。すぐ結果を出せる人材が欲しいので高待遇の求人で即戦力の人材を募集する、つまりハイクラス・ミドルクラスの求人を出す、という図式となっています。

僕もJACリクルートメントを通じて入社した会社は外資系です。

以上のことから、JACリクルートメントは外資系を目指している方におすすめできるエージェントと言えます。

ハイクラス・ミドルクラスを目指したい人

外資系に限らず、ハイクラス・ミドルクラスの転職を目指したい方にも、JACリクルートメントはおすすめです。

理由は、25,000社の企業と取引があり、外資系だけでなく日系の求人も存在するからです。僕もJACで、日系の求人も紹介してもらいました。ただ感覚的には、外資系の求人の方が多かった印象です。

今よりも給与をあげたい!高いレベルの仕事をしたい!そんなあなたはJACリクルートメントはぴったりなエージェントでしょう。実際、JACはハイクラス・ミドルクラスの転職市場で、4年連続で顧客満足度No.1を獲得しているからです。

秀でたスキルを持っているスペシャリスト

自分はこの分野なら他の人よりも詳しい!そんな秀でたスキルを持ったスペシャリストにも、JACリクルートメントはおすすめです。なぜなら、特に外資系ではジェネラリストよりスペシャリストが好まれるからです。

外資系は結果を重視します。結果を出すためにはスキルが必要で、他者より秀でているほど結果が出しやすいです。そのため、外資系では、秀でたスキルを持つスペシャリストには内定が出やすいです。

以上から、他者より秀でたスキルを持っているなら、JACリクルートメントを利用するのがおすすめです。

JACリクルートメントを使うと転職活動がばれる?!

会社に転職活動バレちゃった…
会社に転職活動バレちゃった…

ネットで「JACリクルートメント」と検索すると、「JACリクルートメント ばれる」というキーワードが出てきたので、内容を確認しました。会社に在籍しながらJACを利用すると、今の会社に転職活動がバレるという内容でした。

これだけ見ると不安を感じますよね。しかしご安心ください。

JACを利用して在籍する会社に転職活動がバレることはありません。個人情報の取り扱いについて厳しく管理されてるのと、そもそも転職エージェント経由で会社に転職活動がバレることはないためです。どの転職エージェントでも聞いたことはないのでご安心ください。

ただし気をつけて欲しいのは、転職活動をしていることを会社の誰かに伝えたり、バレるような行為は避けてください。大抵は、バレやすい言動から会社に知られることが多いです。

会社にバレてしまうと、無理に仕事を入れられて転職活動ができなくなったり、退職させてもらえないケースが未だにあるようなので、注意深く転職活動を進めることが大事です。

JACリクルートメントの登録方法・進め方

手順
手順

JACリクルートメントに興味を持っていただけたと思います。

どのようJACで転職を進めていくか疑問を持つあなたに、JACの転職活動の進め方について、簡単に説明します。

STEP
登録

こちらのリンクからHPに行けるので、そこから登録可能です。サービスは全て無料なのでご安心ください。

登録にはメールアドレス、個人情報、直近の職務経歴などを入力します。この時点では、履歴書・職務経歴書がなくても大丈夫です。

STEP
面談・求人紹介

登録が終わったら早速面談予約になります。基本はFace to Faceの面談ですが、Web面談も受け付けているそうです。コロナの懸念や、オフィスが遠い方はWeb面談がおすすめです。

面談時は自分の要望を伝える形になりますが、難しい方はJACの担当者が一緒にキャリアの棚卸しから考えてくれるので、自信のない方にもおすすめです。

STEP
書類審査・面接

気になる求人があったら、担当者へ応募の依頼をしましょう。依頼さえすれば、担当者が先方へ応募してくれるのでほとんどの作業をお任せできます。

もちろんこの際には履歴書・職務経歴書が必要なので、別途用意しましょう。一人で作成が難しい場合、JACの担当者も協力してくれるので安心です。

面接前には、各企業に合わせた面接対策をしてくれます。僕も実際に面接対策してもらったおかげで面接がスムーズに進みました。手厚いサポートが心強かったです。

STEP
内定・入社

内定の連絡もJACの担当者経由で連絡がきます。この時点でようやく年収などが分かるため、交渉した場合はこの時点でJACの担当者経由でサポートしてもらえます。入社日程など、入社に関わる内容も調整してくれるので、ぜひ担当者にサポートしてもらいましょう。

STEP
入社後のフォロー

JACリクルートメントでは入社後もサポートしてくれます。僕も入社後に何か問題がないか、など再度面談してもらいました。特に問題なかったので依頼することはなかったですが、何かあればサポートしてくれる姿勢が心強かったです。

もし次も転職するなら、またJACリクルートメントを利用したいという気持ちになりました。

結論:外資転職はJACリクルートメントがおすすめ

おすすめじゃん!と叫ぶ
おすすめじゃん!と叫ぶ

外資転職の成功の鍵は、どれだけ自分の適正にマッチした求人に出会えるかが重要です。つまり優れた転職エージェントの活用が成功への近道といえます。

JACは求職者の適正に合わせ最適な求人を紹介してくれるため、外資転職にとても最適なエージェントです。外資系に強い転職エージェントは限られているので、外資転職においてJACはマストな選択肢の一つだと考えます。

登録は無料なので、JACリクルートメントに興味を感じた方は登録してみてください。

▼外資転職にJACは外せません。登録はこちらから。

\ 外資に超強い /

求人のリスク回避として別のエージェントも同時に登録

他の候補
他の候補

JACリクルートメントはおすすめですが、求人が少ない可能性もあります。理由は、JACは求職者に合った求人を的確に紹介するため、万が一サポートできない場合は無理に案件を紹介しないためです。

無理に求人を紹介して無理やり入社させる、そういったことはJACではありません。理由は、エージェントも求職者もWin – Winになれないからです。もし無理やり転職させるようなことがあって、すぐ退社になってしまうと、エージェントとしても評判を落としてしまうでしょう。

そのため、求人リスクを回避するためにJAC以外にも2社ほど、転職エージェントに登録することをおすすめします。

僕がおすすめするエージェントはこれら2つです。

エンワールド

外資系に特化した転職エージェント、口コミも評判が高く信頼性が高いのが特徴です。

詳しくはこちらの記事でレビューしています。ぜひご覧ください。
≫ エンワールドの評判をネットの口コミから徹底解説

\ 無料登録はこちらから /

リクルートエージェント

転職エージェントの最大手、求人数が他者と比べダントツに多いです。

求人の幅を広げたいときの選択肢として、登録をおすすめします。
≫ リクルートエージェントの評判を独自アンケートで徹底調査

\ 転職無料相談はこちらから /

働きながら、3社以上の転職エージェントを活用するのはやめましょう。なぜなら、エージェントの連絡で手一杯になり、本業に支障がでる、もしくは転職活動を諦めてしまうためです。

実際、僕の初めての転職活動は働きながらでしたが、3社で手一杯でした。

理由は、履歴書・職務経歴書作り、転職エージェントとの連絡など、転職活動はやることが多いからです。3社までなら頑張ればこなせますが、3社を超えてくると一般的に手に負えなくなると言われています。

結構怖いのが、どの求人がどのエージェントか分からなくなり、違うエージェントに間違えて連絡することです。そうなると、エージェントに他のサービスも使われていると知られ、優先順位を下げられてしまうかもしれません。

エージェントの関係性も万全にするため、利用しても最大3社と心に決め、冷静な転職活動をしましょう。

まとめ

疑問が晴れた人
疑問が晴れた人

ここまで読んで頂きありがとうございました!最後にまとめです。

まとめ

JACリクルートメントってどんなエージェント?

イギリス・ロンドン発祥の、ハイクラス・ミドルクラス転職に特化した転職エージェント。ヨーロッパとアジアに拠点があり、外資系企業に強い。

毎年6万人以上の転職希望者から登録されていて、ハイクラス・ミドルクラス転職の顧客満足度は、4年連続で1位を獲得。

JACリクルートメントのメリット

  • 業界の知識が豊富
  • 親身で質の高いサポート

JACリクルートメントのデメリット

  • 各担当ごと、希望を伝えるのが億劫
  • 求人の数が少なく、希望とマッチしない

案件がこない?

ハイクラス・ミドルクラスに適していないキャリアの場合、求人が見つからない可能性あり。

JACリクルートメントがおすすめな人

  • 外資系へ転職したい人
  • ハイクラス・ミドルクラスを目指したい人
  • 秀でたスキルを持っているスペシャリスト

JACリクルートメントを使うと転職活動がバレる?

JACを活用したからバレる、ということはない。転職活動がバレない言動が大事。

求人リスク回避として、他のエージェントの登録もおすすめ

おすすめエージェント

  • エンワールド
  • リクルートエージェント

▼JACで成功する転職を目指しませんか?登録はこちらから。

\ サービスは全て無料 /

★次回の記事をお楽しみに★

アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックして読める目次